スポンサーサイト

2015.10.22 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    ブラック・スワン

    2011.05.26 Thursday 12:08
    0

      観てきました。




      ナタリー・ポートマン、スゴイです。
      これはオスカー獲るわ。

      まずは予告編をドウゾ。以前載せたのとは別バージョンです。
      予告編でだいたいのあらすじがわかると思う。


      小さい頃からバレエ一筋のニナはいわゆる「いい子ちゃん」タイプ。
      (自宅のお部屋もぬいぐるみがいっぱい。)
      男を惑わす妖艶な黒鳥が、どうしてもうまく踊れない。

      振り付けや技術は完璧でも、
      黒鳥の激しさや妖しさが表現できない。
      というか、見る側に伝わって来ない。

      それは、彼女自身がどこか自分を抑え込んでいるから。

      「もっと自分を解き放て」と監督に再三言われるけれど、
      どうしていいのか分からず苦しみ、悩み、
      自分に対する苛立ちや焦りから
      どんどん精神を病んで行くニナ。

      妄想が激しくなり、
      妄想と現実の境目がわからなくなっていく。

      映画を観ている方もだんだん、
      どれが妄想でどれが現実なのかわからなくなっていき
      ニナの恐怖の巻き添えに…。

      という感じでどんどん引き込まれて行き
      あっという間に衝撃のラストまで突入!!

      ナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技は、すごい。
      そして最初のおびえたような、自信なさげなニナとの
      演じ分けも見事。

      おかしくなって被害妄想が激しくなっているニナに対して
      監督が言ったセリフが印象的。
      The only person standing in your way is you.
      「君の道をふさいでいるのは君自身だ」

      何でしょう、なんか胸にズシッときました。このセリフ。
      自分にも大いにあてはまるからなのかも。


      ちなみにこの映画、ちょいちょい「痛い」ので、覚悟しといてください。
      (最近よく使われる「イタいギャグ」みたいな「イタい」じゃないよ。)

      そして演出的にビクッとさせられるシーンも多いので
      心臓が弱い方はご注意を。


      余談ですが

      ウィノナ・ライダーが元プリマ役で出てたのに驚いた。

      予告編に全然出てこないから、出てるなんて知らなかったわ〜。
      昔はホントに人気あったけど、例の万引きの一件以来
      キャリア的にパッとしない感じだね…。
      そういう意味でもこの役はピッタリだったかも…(泣)
      でも結構好きなので応援してます。がんばれノニー。

      というわけで、『ブラック・スワン』でした。
      おススメです。
      ぜひご覧あれ。

      category:映画 | by:Yukocomments(4)trackbacks(0)

      グリース is the word!

      2010.07.06 Tuesday 23:27
      0

        アメリカで7月8日から、
        映画『グリース』が期間限定で公開されるそうです。

        『グリース』と言えば、最近若者の間で人気の『ハイスクール・ミュージカル』の元祖とも言えるミュージカル映画。同名ミュージカルを1978年に映画化して大ヒットしました。(舞台は1950年代)

        観たことない人もこのポスターは知ってるよね?


        ジョン・トラボルタ&オリヴィア・ニュートン・ジョンのコンビ

        ジョン・トラボルタの昔の映画では『サタデー・ナイト・フィーバー』も有名だけど、私は断然『グリース』が好きです!
        (注:公開当時に観たわけではありませんよ。あしからず。)

        あらすじは、敢えて書かないでおきます。この映画に限って言えば、あらすじはあまり重要ではないのです(笑)目玉はやはり歌!

        数々の名曲を生んだこのミュージカル。
        『Summer Nights』とか、『You're the One That I Want』、
        『Greased Lightning』や『We Go Together』など
        聴けばきっと「あぁ〜!」となる曲ばかりです。

        そして今回、アメリカで再び公開されるこの『グリース』、
        単なるリバイバル上映ではありません。
        もちろん、リメイクでもありません。

        なんと歌の場面で、カラオケみたいに歌詞の字幕が付くのだそうな!!

        その名も『Grease Sing-A-Long』!!
        (Sing-A-Longは、「一緒に歌う」の意)

        映画館で観客がみんなで大合唱するところを思い浮かべるだけで超楽しそう!!私も参加したい!!

        でも行けないので(泣)トレーラーを観て我慢…


        書いてたらどうしても聴きたくなったので
        今サントラを流しながら作業してます
        (今『Look At Me, I'm Sandra Dee』が流れてます

        今思い出したけど、5年ほど前、ミュージカルが好きだと言った当時
        高校生の生徒さんに「私が生まれたころに作られた映画だよ」と言って『グリース』を勧めたら、「白黒(映画)ですか?」と聞かれました

        私、何歳だと思われてたのかしら…?
        (なんか最近年齢ネタ多いな…。我ながらしつこい気がする

        それはさておき!

        『グリース』、おススメです!
        まだ観たことない方はもちろん、既に観た方も
        もう一度観て歌っちゃいませんか?
        category:映画 | by:Yukocomments(2)trackbacks(0)

        ジャッキー・チェンで『ベスト・キッド』リメイク!

        2010.07.04 Sunday 20:08
        0
          80年代に人気を博した映画『ベスト・キッド』が
          ジャッキー・チェン主演でリメイクされ、8月14日より公開されます。

          ジャッキー・チェンに指導を受ける少年ドレを演じているのは
          ウィル・スミスの息子、ジェイデン・スミス君です。

          まずは予告編をドウゾ。
           


          オリジナルのワックスがけとペンキ塗りが、ジャケットに変わってる(笑)

          そして最後のハエ…ジャッキーそれは反則でしょー!
          やっぱ箸でつかまなきゃ、箸で!

          ちなみにこの『ベスト・キッド』、オリジナル版もリメイク版も
          原題は『Karate Kid』。

          でもこのリメイク版は中国が舞台だし、師匠はジャッキーだし、
          これってカンフーだよね?と思っていたら
          別の予告編でジャッキー自ら、
          「I'll teach you real kung fu.(本当のカンフーを教えてやる)」って言ってた。

          じゃあ『Kung fu Kid』にすればよかったのにね。ま、いっけど。
          私、カンフーと空手の違いもよくわかってないし

          オリジナル版での師匠といえばノリユキ・パット・モリタ
          残念ながら2005年に亡くなりました。

          このモリタさん、以前ウィル・スミス主演のドラマ
          『Fresh Prince of Bel-Air』にゲスト出演してました。

          「空手を習って、スティーブン・セガールみたいになりたい!」
          と言うウィルに、「つまり大根役者になりたいってことね?」と
          ジョークをかますモリタさん。

          今回ウィルの息子が『ベスト・キッド』に出ると聞いて、
          真っ先にこのシーン↑を思い出してしまいました。

          実際の動画を観たい方はこちらへドウゾ。

          正直、このリメイク版を映画館に見に行くかは分からないけど…
          なんとなく気になる存在であります。
          やっぱり80年代好き!?
          category:映画 | by:Yukocomments(6)trackbacks(0)

          ジブリ新作近日公開!

          2010.07.02 Friday 20:56
          0

            7月17日(土)に、スタジオジブリの最新作、
            『借りぐらしのアリエッティ』が公開されます!

            今日ジブリ作品が大好きという生徒さんからこの映画のお話を聞き、さっそくチェックしてみました。

            原作はメアリー・ノートンの『床下の小人たち』。原作では1950年代のイギリスだった舞台を、『アリエッティ』では現代の日本に移してあるそうです。

            とある古いお屋敷の床下に両親と住む小人の少女、アリエッティ。絶対人間に姿を見られてはいけないという掟のもと、ひっそりと暮らしていた家族だったが、ある日屋敷に療養にやってきた少年に姿を見られてしまい…。

            というお話だそうです。(公式HPはこちら

            なんかおもしろそうじゃない

            小人の世界って、なんか魅かれるのよね…。

            小さい頃うちに「いちごばたけのちいさなおばあさん」という絵本があったんだけど、それが大好きでした。


            コレコレ

            この小さなおばあさん、いちご畑の下に住んで毎日毎日いちごの世話をしています。丹精込めて一つずつ、いちごを赤く塗るところが大好きでした

            …話しはそれましたが、アリエッティのあらすじを読んだら思わずこのおばあさんのお話を思い出してウキウキしちゃいましたよ。

            もはや国民的映画のジブリ作品。
            誰もが一度は観てるだろうし、一度は「ジブリの中で何が好き?」という会話をした経験があるはず。(ちなみに私はナウシカ!姫姉さまのメーヴェに本気で憧れました。)

            『借りぐらしのアリエッティ』、公開されたら映画館に観に行こーっと

            JUGEMテーマ:借りぐらしのアリエッティ
             
            category:映画 | by:Yukocomments(8)trackbacks(0)

            のだめ観てきました

            2010.05.04 Tuesday 00:36
            0


              やっと観てきましたーー
              レイトショーなのに結構混んでました。やはりGWだからでしょう。

              連ドラ → スペシャル → 映画と長いこと楽しませてもらいました。
              これが最後だと思うと少しさみしいけど・・・
              でもとても満足な終わり方だったと思います!
              マンガで最終巻読んだ時よりもスッキリした感じ。

              しかも、アノ『2台のピアノのためのソナタ』が復活!
              二人の連弾シーンでは感動のあまり泣きそうになりました

              すべてはここから始まったのです・・・。

                   ↓↓↓ ココから(笑)


              この『のだめ』シリーズは近年の傑作デス!
              category:映画 | by:Yukocomments(2)trackbacks(0)

              つむじ風食堂IN静岡

              2010.01.26 Tuesday 23:21
              0
                 お久しぶりです。
                久々の更新となってすみません…

                昨日、生徒さんが教えてくれたのですが、
                私が以前、東京国際映画祭用に英語字幕を付けた映画、
                『つむじ風食堂の夜』が藤枝の映画館(藤枝シネ・プレーゴ)で上映中だそうです
                全然知らなかったですーー。
                その生徒さんは藤枝まで足を運んで
                見に行ってくださったそうです!
                ありがとうございますーーー

                お時間ある方はぜひご覧になってください
                もちろん私の字幕は出ませんが。
                静岡市内でもぜひ上映してほしいなぁ。
                シネギャラリーとかで、ぜひ!

                ちなみに今『つむじ風食堂〜』のサイトへ行ってみたところ、
                2月6日から浜松市内のシネマe-raでも上映されるとのことです。

                静岡市内でもやってくれー。


                category:映画 | by:Yukocomments(0)trackbacks(0)

                脱・食わず嫌い王!「レッドクリフ Part I&II」

                2009.05.19 Tuesday 13:15
                0
                   先日、「レッドクリフ Part I」をDVDで、「Part II」を映画館で観てきました。

                  もともと、戦闘モノやアクション映画には興味が持てない私。
                  宣伝文句に「スペクタクル!」とか「一大巨編!」とかがあるだけで
                  「やめとこ」となってしまうんです。

                  映画が好き、とか言ってるわりに食わず嫌いが多くて困ります。

                  本来なら私の「食わず嫌いリスト」に入るはずの「レッドクリフ」2作ですが、
                  主演がトニー・レオン&金城武だからという、非常に単純かつミーハーな理由で観る気になりました。(「恋する惑星」大好き!!)

                  そして感想は・・・大満足です!
                  まだ観ていない方、特に女性で私のように食わず嫌いしている方、ぜひご覧あれ。

                  まずは簡単なあらすじから。

                  圧倒的な勢力で迫りくる曹操軍に、敵同士だった劉備・孫権軍が結束して立ち向かう。
                  80万vs5万という多勢に無勢の状況下、トニー・レオン演じるカリスマ司令官、周瑜の指導力と金城武演じる天才軍師、孔明の知性が奇跡を起こす!

                  詳しいあらすじは公式HPでどうぞ。
                  http://redcliff.jp/index.html

                  「三国志」の予備知識が一切ない状態でついていけるかしら?と不安でしたが
                  Part I本編が始まる前に相関図つきの説明があるので、状況がすぐ把握できました。

                  頭を使った戦術や、連合軍の皆さんの友情、周瑜の妻、小喬をはじめとする女性の活躍など見どころはいっぱいです。

                  この周瑜の奥さんを演じたリン・チーリンの美しいこと!!
                  台湾のモデルさんで、これが映画初出演だそうですが、
                  絶世の美女と語り継がれている小喬にはぴったりという感じです。

                  今まで食わず嫌いでどれだけ多くの名作を見逃してきたのでしょう・・・。
                  「レッドクリフ」は、自分の選り好みの激しさを反省するきっかけを作ってくれた映画となりました。


                  category:映画 | by:Yukocomments(0)trackbacks(0)

                  PR
                  Calender
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << May 2017 >>
                  analyze
                  KS
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                    Yuko
                  • おひさしブリーフ
                    Yuko
                  • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                    キャリー
                  • おひさしブリーフ
                    Hiro
                  • 80日ぶりなのだ
                    Yuko
                  • 80日ぶりなのだ
                    yuttang
                  • 『LOST』最終回についてもう一度
                    Yuko
                  • 『LOST』最終回についてもう一度
                    通りすがり?
                  • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                    Yuko
                  • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                    Mieko
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM