スポンサーサイト

2015.10.22 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    『マッドメン』の魅力について考えてみた

    2011.11.05 Saturday 20:27
    0

      以前にもドラマ『MAD MEN(マッドメン)』について書きましたが、
      また改めて書こうと思います〜。

      作品の概要は、以前の記事を読んでね。
      その記事はこちら

      ようやくシーズン3まで見終わりました。


      前にも書いたとおり、エミー賞を受賞しまくってるドラマです。

      最初は、高評価を得ているドラマということで、気合いを入れて見始めました。
      そしたら、なんか肩すかしをくらいました。

      決してつまんないわけじゃないし、この肩すかし感はなんだろうと考えた結果、
      たぶん「淡々としている」からなのではないかという結論に。

      全体を通して、派手な演出がないんです。
      衝撃的なシーンでバーンとドラマティックなBGMをかけ、人物を印象的にクローズアップ!
      みたいな、そういう手を一切使いません。このドラマは。
      続きがめっちゃ気になる所でカットし「次回へ続く!」みたいな手法もナシ。

      内容的に結構衝撃的な場面なのに、あくまでも淡々と進んでいくので、
      派手な演出に慣れてしまっている私は、
      「あれ?コレって結構大事なトコなんじゃないの?」と判断に迷ってしまう。

      はたまた、
      思わず笑っちゃうシーンも、「どうぞ笑ってください」というわかりやすい演出がないので
      「ここって笑っていいとこ?」と戸惑ったり・・・

      そんなことがしばしばありました。

      しかし3シーズンも見続ければ、それにも慣れてきました。
      自分がおもしろいと思った所で笑えばいいし、「なんだコイツ!」と思ったヤツに
      腹を立てればいいのです。あくまで自主性を大事にする(笑)ドラマなんです。きっと。

      最初はイマイチハマりきれず、中途半端な気持ちで見続けていましたが、
      ここへきて、かなりこの作品の「好き度」が上がっているのを感じます。

      でも、そういう派手な演出がないのに見てる人を引き込むということは、
      まず脚本がいいことが一つと、役者さんたちの演技が優れている、ということになるわけで、
      そうするとやっぱり賞を取りまくっているのにも納得がいく、という感じです。

      実際、主役ドン・ドレイパーを演じるジョン・ハムの演技もいいです。

      普段は、この写真の通り、ハンサムでやり手の広告マン。
      常に冷静沈着な物腰の彼だが、実は過去にある秘密を持っている。
      その過去を知る人物と会う時の彼の表情は、いつものクールなドンとは明らかに違っている。
      その表情や雰囲気の変化を見事に演じております。

      なおかつ、普段は隙のない「デキる男」で、美しい妻がいるにもかかわらず愛人もいるドンを
      下手な役者が演じていたら、きっと鼻持ちならないヤツor薄っぺらなキャラクターになっていたはず。
      ジョン・ハムあってこそのドン・ドレイパーと言えるでしょう。

      上の写真では、二枚目タイプのとっつきにくそうな印象を与えるジョン・ハムさんですが、
      実はかなり愉快な人物らしく、
      『サタデー・ナイト・ライブ』なんかでも見事にコントを演じ爆笑をさらったりしてるそうです。

      そんなハムさんのコミカルな一面を垣間見れる動画を発見。
      『マッドメン』のキャストとスタッフが、『Bye Bye Birdie』を歌う、というもの。

      1:00とか1:30のとことか(笑)かわいすぎ。
      『マッドメン』のドンしか見たことない人には、かなりの衝撃映像。

      『マッドメン』を見たことがない人にとっては、誰がキャストで誰がスタッフか
      まったくわからずつまらんかもしれませんが・・・

      実は脇役を含めかなりのキャストが登場してます。
      ドレイパー夫妻をはじめ、二人の子供、サリーとボビーも出てる!サリーはなかなかの美声。
      ロジャー&クーパーの上司組や、部下組(ピート、ポール、ハリー、ケン)の姿も。
      ピートが秘書さんと一緒に歌ってますね(笑)
      ひたすらケータイをいじりつづけるペギーちゃんに、
      ドレイパー家の家政婦カーラや、サリーの担任の先生、
      あとシーズン3でベティの心をかき乱すヘンリー・フランシスも歌ってるぅ。
      さらに、超美しいのに劇中ではいつもイライラしてるベティのカワイイ笑顔が見れるのもうれしいね。
      コメント欄に「Wait, can Betty smile?!(ベティって笑顔作れるんか!)」というコメントが(笑)

      この歌『Bye Bye Birdie』は劇中でも登場しましたね〜。
      『Bye Bye Sugar』というパロディにしたペプシのCMの回で。
      サルバトーレが嫁さんの前で演じて見せて、嫁さんがドン引きしてしまった、アレです。
      そういえば、この動画にサルいなかったね〜。残念。ジョーンもいないー。好きなのに。

      おっと、見てない人にはイマイチわからない話をしてしまった。

      ところで、『マッドメン』を語る上で欠かせないのが、タバコと酒!
      みんな職場でも家でも外出先でも、吸うわ飲むわ、すごいです。
      以前はタバコの動画を紹介したので、今回はお酒の動画、いくわよ。

      ロジャーの衝撃おう吐シーン(笑)食事中の方、失礼〜。
      断酒・禁煙をしようとしている人は、見てはいけない『マッドメン』。

      60年代が舞台ということで、現代ではタブーとなっている
      職場での飲酒・喫煙、女性や人種に対する差別的発言などなどいっぱい出てきます。

      今年のエミー賞授賞式のオープニング・ビデオのひとコマに『マッドメン』のキャストが大集合し、
      司会を務めた『glee』のスー先生ことジェーン・リンチと共演を果たしました!
      その中でも、この50年での価値観の変化をネタにしています。

      一応、日本語訳を。

      ドン:   キミ、コーヒーを入れてくれ。
      スー:   いや、私は秘書じゃなくてエミー賞のホストなんです。
      ピート: エミー?そんなことより、女なんだからタイプ打ちを習うべきだろう。
            あと、そんな男みたいな髪型にした美容師もクビにすべきだね。
      スー:  1965年からいろんなことが変わったんですよ。
            例えば・・・女性が女性と結婚できるようになったとかね。(色っぽく)ハーイ、ペギー。
      ペギー: (まんざらでもなさそうに)ハーイ。
      ジョーン:女性が女性と?じゃあ男は困っちゃうわね。
      ペギー: じゃあ、もう出世のために男と寝なくても済むってこと?
      スー:    いや、それはまだ必要だね。
              でもいいこともあるよ。今じゃ電話でテレビが見られるんだ。
      ロジャー:こんな風に?
      スー:    それに、CMだって早送りで飛ばせちゃうんだから。
      (一同固まる。広告会社ですから。)
      ドン:     まわれ右して、さっさとここから出て行くんだ。君には会わなかったことにしてやる。
      スー:    わかったよ。ちなみにこの髪だけど、アンタの家より金かかってんだよ!

      スー先生(ていうかジェーン・リンチね)はホントに女性と結婚してますからね。
      自分のプライベートもネタに盛り込んだ、スペシャルコラボでした!
      『マッドメン』はドラマが基本的にシリアスな分、こういうのとのギャップがたまらんね。

      最後にダメ押し、シーズン1のプロモ動画。

      コレを見てつくづく、BGMの影響力ってすごいと思う。
      ノリのいい音楽が使われているので、なんとなくそんなノリのドラマのように見えますが、
      実際はもっと「淡々」としていますよ。この何度も使っている「淡々と」という表現が
      上手く伝わっているかわかりませんが・・・まあ、実際に見て確かめてみてくださいな。


      やれやれ、想定していたよりもかなり長い記事になってしまいました(汗)
      まあ、いつものことですが・・・
      『マッドメン』の魅力が少しでも伝わったらうれしいです。

      現在シーズン4までレンタル中だそうです。
      私もはやくシーズン4見よ〜っと。


       

      category:MAD MEN | by:Yukocomments(3)trackbacks(0)

      MAD MEN マッドメン

      2011.04.30 Saturday 19:57
      0

        AXNで放送中のドラマ『マッドメン』。
        1960年代のNY、広告業界を舞台にしたドラマです。

        エミー賞どゴールデングローブ賞をを何年も連続で取ってるってんで、
        どんなもんかと見始めてから、今11話まで来ました。

        感想は…

        なんともつかみ所のないドラマという感じ。

        毎回、ものすごい山場があるわけではない。
        かといって、決して退屈になるわけではなく。

        私がこれを見るのはだいたい深夜1時過ぎなんだけど、
        寝そうになるのにギリギリ寝ない、みたいな。

        不思議なドラマです。でも結局、続けて見ちゃうんです。

        バラエティ誌に言わせれば、
        「心の深層の琴線に触れるドラマ」なのだそうだ。
        ナルホド。うんうん、そんな感じ。

        この時代に生きていた人はもっと楽しめるんだろうなぁ。

        なにせ、「60年代のアメリカ」がガンガン出てきます。

        ファッションや身の回りの小道具なんかはもちろんのこと、
        話題の本(「チャタレイ夫人の恋人」)とか、
        大統領選のニクソン対ケネディ、なんかの時事ネタ、
        人気のレストランなどなど、
        実在のもの・出来事がたくさん登場します。

        また、当時の文化や人の考え方なども、現代とは違っておもしろい。

        顕著なのが喫煙。
        『マッドメン』=喫煙シーンと言っていいくらい
        ほとんどのシーンで必ず誰かがタバコ吸ってます(笑)

        1:40の「♪Secondhand smoke(♪受動喫煙)」がウケる。

        これからもわかるように、ドラマの中でも喫煙に関する訴訟問題とか出てきて、
        タバコに対する世間の風当たりが厳しくなってきたのは
        この時代あたりからなんだというのがわかります。

        でも、本格的に厳しくなるまでまだまだ長い道のりがありますから
        みんなガンガン吸ってます!
        (ちなみに私、禁煙6カ月目に入りました〜!もう大丈夫そう。パチパチ。)

        他にも、男性の男尊女卑的な発言とかも多く出てきて、
        アメリカも昔はこんな風だったんだなあ、と改めて実感。

        男性社員が女性従業員を品定めするような言動が出てきますが、
        今のアメリカだったら即、セクハラで訴えられますよね。

        一方、女性の方も「結婚=幸せ」という価値観の中に生きている時代。
        近所に離婚した女性が引っ越してくると、みんな何か異物を見るような眼。

        主人公ドンの妻ベティもそんな価値観のもと、
        広告マンでハンサムな夫とかわいい子供二人に囲まれ、
        幸せなはずの主婦。でも何か満たされない気持ちを抱え、
        当時としては珍しかったセラピーを受け始めます。

        ストーリーの方は、
        秘められたドンの過去が少しずつ明かされ始めて、進展の兆し。

        興味ある方は、DVDも出てるのでぜひ見てみて☆

        ちなみに第2話か3話で
        ドン夫婦と、上司のロジャー夫婦が食事をしていたレストラン。↓↓

        この赤いラウンド席、なんか見覚えあるような…と思ったら
        やっぱり、ロケ地はLA留学中によく行ったお店でした!

        では皆さん、楽しいGWをお過ごしください☆

        category:MAD MEN | by:Yukocomments(0)trackbacks(0)

        PR
        Calender
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        analyze
        KS
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
          Yuko
        • おひさしブリーフ
          Yuko
        • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
          キャリー
        • おひさしブリーフ
          Hiro
        • 80日ぶりなのだ
          Yuko
        • 80日ぶりなのだ
          yuttang
        • 『LOST』最終回についてもう一度
          Yuko
        • 『LOST』最終回についてもう一度
          通りすがり?
        • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
          Yuko
        • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
          Mieko
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM