スポンサーサイト

2015.10.22 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    ついにこの日がやって来た!

    2015.10.21 Wednesday 17:13
    0
      皆さん…ついに…ついにこの日がやって来ましたよ!

      2015年10月21日、すなわち「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の未来の日が!!



      やはりネット上にはこの未来ネタが溢れかえってますね〜。
      盛り上がっております!!
      BTTFオタクの私としてはうれしい限り…。

      でも5年前に未来特集を組んでいたのは私だけのはず…。フフフ。
      その記事はこちらからドウゾ。私のお気に入り記事なのです。

      この記念すべき日には、何かお祭りごとに参加しようかとも思っていたところ、
      友達に「近くの映画館でBTTFの上映会やるみたいだから行かない?」と誘われ、
      ノリノリで「行く行く〜!!」と言っていたのですが…

      結局チケット売り切れにつきお流れに…(泣)

      じゃあ家でパート2鑑賞会でもしようかと思い、
      Netflixをチェックしたが、BTTFシリーズの配信はされておらず(泣)

      最近はレンタルビデオ屋さんなんて見かけなくなったしさぁ〜、
      じゃあ図書館でDVDを借りよう!と思ったのだが、全部貸し出し中(泣)
      みんな考えることは同じなのね…。

      日本の自宅にはDVDコレクションが3種類も揃っているというのに!!
      この日に見れないなんて!!
      ああ、やっぱり前もって送ってもらっておけばよかった…。

      でもいいわ。
      パート2を観ながら2015年に自分は一体何をしてるんだろう…と想像していた
      幼き自分を思い出しながら、感傷にふけってこの日を過ごそうと思います。

      ではみなさま、楽しい未来の日をお過ごしくださいませ。

       

      バック・トゥ・ザ・フューチャー野外鑑賞会!

      2015.07.21 Tuesday 14:55
      0
        アメリカに行っても私のBTTFへの愛は変わらず。

        しかも今年は2015年!!パート2で描かれた未来の年!!
        ということで、10月21日を心待ちにしております(笑)

        そして先週の金曜日、BTTFパート1の野外鑑賞会に行ってきました!
        (写真撮るの忘れちゃった…)

        こちらに来てからお付き合いしているアメリカンの彼氏がいるのですが、
        私のこのBTTFオタクっぷりを面白がってくれる貴重な存在です。

        その彼から金曜の昼間にメールが。

        「今日の夜、近所の図書館でBTTFの鑑賞会があるみたいだけど、行く?」

        もち、行きます!!!!

        図書館の芝生のお庭で鑑賞会、ということで、二人で敷物を持参していざ出発!

        参加者は子供連れのお父さん・お母さんから若者グループ、
        カップル、一人で来ている中年のおじさま・おばさまなどなど、多彩な顔ぶれ。

        パート1はもう数え切れないくらい見てるけど、
        よく考えたら大きなスクリーンで見るのは初めてだなあ…としみじみ。
        (初めて見たのは金曜ロードショー的なテレビ放映時でした。
        織田裕二がマーティーの声、三宅裕司がドクの声でWゆうじとか宣伝していたような…)

        そして数え切れないほど見ているこの映画ですが、今回、今までまったく知らなかった新たな発見が!!

        タイムスリップ後、1955年の学校内のカフェテリアのシーン。
        ビフが若かりしママ、ロレーンにちょっかいを出しているのをマーティーが止めに入り、
        一触即発のシーンです。



        ココです!覚えてる?
        あわや乱闘、というところでしたが、
        ストリックランド先生が目を光らせていることに気づいたビフが、低い声でこう言います。

        Since you are new here, I'm gonna cut you a break today.
        So, why don't you make like a tree... and get out of here?

        確か字幕は「新入りだから見逃してやる」「さっさと失せろ」
        てな感じだったと記憶しているのですが。

        ここで観客からドッと笑いが起こりました。

        ん? 今笑うとこあったか?と思っていると
        横から彼氏が「今の、何が面白いかわかった?」と解説をしてくれました。

        それによりますと。

        英語にはMake like a tree and leaveというイディオムがあるのです。

        「去る」という意味のleaveと、「葉っぱ」のleaf及び複数形のleavesを掛け合わせた言葉遊びで、
        「木のようにleaveしろ」、つまり「さっさと消え失せろ」という意味になるのです。

        ところがちょっとオツムの弱いビフは、
        Make like a tree...とすごみ、その後に続くのは and leaveだと誰もが思ったその瞬間、
        ...get out of here.(出て行け)と言ったもんだから、みんな「なんでやねん!」となった、ということでした。

        このシーンにこんな笑いポイントが潜んでいたとは!まったく知らなんだ。
        しかもこのイディオムも知らなんだ。

        でもそう言われてみれば。

        パート2ではビフが、パート3ではビュフォードがやたらと言い間違いをして
        老人ビフや子分たちに訂正されているシーンがあったなあ!
        そうか、あれはこのシーンから続くネタだったのね!と今更ながら合点が行く。

        このパート1では誰もツッコミを入れてくれないから、字幕にも反映しようがなかったんだろうなあ。

        20年以上見ているこの映画にも、
        まだまだ新しい発見があるとは!うれしいことです。

        やっぱりバック・トゥ・ザ・フューチャーはいいのう。

        と再確認した夏の夜でした。



         

        マイケル『グッドワイフ』に登場☆

        2011.11.19 Saturday 13:06
        0

          放送から一週間経っちまいましたが…

          マイケルファンの方も読んでくれていると知って

          がぜん書く気になりました(笑)

          ついにマイケル・J・フォックスが登場したよ〜〜!


          役どころは、アリシアたちが訴えている製薬会社の弁護人。
          つまりアリシアのライバルになるわけですが。

          この弁護人、神経を患っているとかで裁判中も震えが止まらず
          アリシアが証人と話している最中も大きな物音をたてたり、体をガタガタ揺らしてみたり…。
          陪審員の気を散らしまくり(笑)

          そう、パーキンソン病を患うマイケルの症状を
          キャラクターに利用してしまったのです。

          ではちょいとワンシーンを見てみましょう。



          このシーンではマイケル演じる製薬会社の弁護人が、弁論の前に
          自分の症状を陪審員に説明しています。

          「体が震えたりして気が散るかもしれませんが今に慣れますので・・・」
          と話しつつも、ちゃっかり「僕はこの薬を飲んでましてね・・・」と
          陪審員を製薬会社の側に引き込もうとしてアリシアに「異議あり!!」とやられています。

          さすがマイケル、こニクらしい人の演技がうまい。
          しかもなんか笑っちゃうんだよね〜。
          『グッドワイフ』は全体的にシリアスなドラマだけど、
          この裁判シーンでは、アリシアまでコミカルに見えてしまうほど
          マイケル・ワールドに引き込まれていたよ。

          マイケルやアリシアを演じるジュリアナのインタビューはこちらから。



          この回の『グッドワイフ』はおもしろかったね〜。
          一連の裁判の流れもおもしろかったし。
          珍しくきっぱりと裁判の勝敗がついて気持ちいい感じに終わるのかと思いきや・・・
          あと味よく終わらせてくれないのがこのドラマ。
          ま、この方がより現実に近いということなんだろうけど。
          なんとなくモヤッとする気持ちで終わるのが多いよね。

          まあ、それはさておきマイケルのパフォーマンスは素晴らしかったわん。

          何やら、シーズン3でもマイケルが同じ役で再び登場するらしいよ!
          楽しみだわーー♪

          マイケル・J・フォックス、50歳に!

          2011.06.09 Thursday 23:30
          0

            6月9日は私の大好きなマイケル・J・フォックスの誕生日!

            あのマイケルもなんと50歳を迎えました。

            こちらが最近のマイケル。
            『Good Housekeeping』という雑誌の表紙を飾ったそう。

            欲しいな、この雑誌。

            マイケルといえばやっぱり『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが有名ですね。
            何度も言ってますが、私が英語に興味を持つきっかけを作ってくれた映画どえす。

            去年の秋に行われた『BTTF』25周年記念イベントでのマイケル

            このイベントに、日本のテレビ局が取材に行っていたようで、
            その時の様子がこちらで見られます! 

            いいな〜、このアナウンサー。
            この時のマイケルの話し方がすごく調子が良さそうで安心しました☆

            そしてこちらが、アメリカのTV番組『Today Show』に、『BTTF』のキャストが再集結した映像!

            きゃ〜!ドク役のクリストファー・ロイドやママ役のリー・トンプソンを始め、
            Part 3でドクの恋人役をやったメアリー・スティーンバージェン、監督のロバート・ゼメキス、
            そして主題歌の『Power of Love』を歌ったヒューイ・ルイスも来てくれてます!
            ちなみにヒューイ・ルイスはPart 1にチョイ役で出演しています。何の役か知ってるかな?


            この役。

            映画の序盤、バンドオーディションにて。
            マーティーのバンドの演奏をさえぎり「音が大きすぎる」と言って不合格にした審査委員でした。

            Today Showは以前にも『ファミリータイズ』のキャストの再集結をやってくれたんだよね〜。
            その時の映像はこちらからドウゾ。
            Today Show、ナイス企画!!

            私の世代で『BTTF』を見たことがないという不届き者はいないと思いますが(笑)
            若い世代では、見たことないって人も結構いるんですよね〜。

            ぜひ見るべし!!

            というわけで、『Power of Love』を聴きながらお別れします。


            そしてマイケル、お誕生日おめでとうございます☆

            ブルーレイBTTF 届いた☆

            2010.10.26 Tuesday 14:20
            0


              来た来た〜♪
              『バック・トゥ・ザ・フューチャー25thアニバーサリーBlu-ray BOX』です。

              定価は8,500円のハズなのに、アマゾン価格だと6,123円!
              超お得です。

              さっそくパート1を観てみました。

              (この感想が、買おうか迷ってる方の参考になれば幸いです)

              ブルーレイになるとそんなに違うもんかね〜?と
              半信半疑で観てみましたが…

              違います。

              めちゃキレイ!
              例えて言うなら、今までのDVDの映像は
              曇ったメガネをかけて観ている感じ。

              一方のブルーレイはピカピカに磨いたメガネで観ている、
              そんな感じでしょうか。(わかりにくい?)

              あまりにもキレイなので今まで気にしていなかった
              小道具や背景なんかにも目が行くようになりますよ。

              そして特典映像について。

              この25周年BOXの目玉だった「初出し映像」、これは観る価値あります!『バック・トゥ・ザ・フューチャーの軌跡』と題して、「着想と構想」、「制作秘話」、「音楽」などの回に分けてあり、この25周年BOXのために撮られた最新インタビューが満載です。

              インタビューに答えているのは監督のロバート・ゼメキスや製作のボブ・ゲイル、スティーブン・スピルバーグやその他の製作スタッフの面々。

              俳優陣からは、マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、パート1でジェニファーを演じたクローディア・ウェルズとストリックランド先生も少し出てきました!ストリックランド先生、相変わらず髪がないです。

              新たな「へぇ〜」ネタもイロイロあって、おもしろい。

              笑えたのが、タイトルの裏話。ゼメキス監督たちがタイトルは『BACK TO THE FUTURE』で行こう!と決めた時に唯一反対したのが、ユニバーサルの社長だったそうで。「未来に戻る、なんて意味わからん!」と大反対した上、社長ってば自ら代案を考えてきたらしい。

              社長が考えてきたタイトルが…

              『SPACEMAN FROM PLUTO (冥王星から来た宇宙人)』

              あれ?タイムトラベルは?ってなタイトルになってますけど。

              一応、劇中のSFコミックのタイトルをもじってあったりして社長なりのひねりはあるようだけど、でも…ねえ。

              そして、ゼメキス監督から説得を頼まれたのはスピルバーグ。恩がある社長を傷つけずに、この提案をお断りしなくてはならない!

              そこでスピルバーグが取った苦肉の策、それは…

              社長に「社長のジョーク、最高におもしろかったです!おかげでみんな朝から大笑いで、元気に仕事を始めることができました。ありがとうございました!」との返事を送ったそうです。

              それ以来、社長はそれに関して何も言ってこなかったそうです…。
              スピルバーグ、天才。

              その他の特典映像は、以前のDVDボックスにも入っているものが多かったかと思いますが、この『BTTFの軌跡』はホント、観る価値アリです!

              パート2以降もこれから観ていこうと思います。

              話は変わって

              先日も書いたScream Awards 2010の映像をゲット。

              マイケルとクリストファー・ロイドがそろって登場します!

              追記:最初に貼り付けた動画が削除されてたので、短いバージョンを載せ直しました。

              デロリアンからマイケルが出てくるのかと思いきや、ディビッド・スペードでした。マーティーのマネ(似てない)の最後に「マロリー?」って言ってたのが笑えた。それは『ファミリー・タイズ』やんけ。

              そしてマイケルとクリストファー(=マーティーとドク)のツーショットは、先日のマイケルとリーのツーショットと同じく感激で胸がいっぱいです。

              BTTF FOREVER!

              ちなみに観客席の中に『LOST』のハーリーとデズモンドがいたね〜☆

              マーティー・マクフライ is BACK!!

              2010.10.25 Monday 02:31
              0

                以前も書いたとおり、今月26日に『バック・トゥ・ザ・フューチャー25thアニバーサリーBlu-ray BOX』が発売されます。(ちなみに私はもう予約済み〜

                それに合わせて、マイケル・J・フォックスを始めとするキャストがいろんなメディアに登場しています

                まずはこちら。

                米ケーブルテレビ局SPIKEによるイベント、「SCREAM 2010」で披露されたビデオ。パート1公開当時の予告編のパロディです。今のマイケルが再びマーティー・マクフライとして登場します!



                きゃーーーーマーティー
                このオリジナル予告編は、今までに発売されたBTTFのDVDボックスの特典に必ず入っているものなので、公開当時を覚えていないファンにもおなじみのもの。

                再現の正確さにファンは大興奮ですが、オリジナルを知らない人にはこの感激が伝わらないだろうということで、ご用意しました。

                こちらがオリジナルです↓↓↓



                最後のセリフの部分が変わってるけど
                (オリジナルは「どこまで行くの?」「ちょっと30年くらい」
                 パロディ版では「どこ行くの?」「SPIKEのSCREAM 2010まで。乗ってく?」)
                あとはすごい正確でしょ? 感激しちゃう。

                あとこちら!
                雑誌『Entertainment Weekly』が、「Reunions Issue」と題して、かつて人気だった映画やドラマのキャストが再集結する特集を組んだようです。



                きゃーマイケルとリー・トンプソン!
                リーと言えば、マーティーのママ、ロレインを演じた方ですね。マイケルも相変わらず若いけど、リーなんて全然変わってないじゃん!超キレイ。

                この号、めっちゃ欲しいんですけど これは10月22日〜29日の号らしい。今週NYへ行くので、28日に到着したら即行探そう!他にもBTTF特集してる記事があるかもしれないな〜。探さなくっちゃ。

                そしてこちらが、EWのウェブサイトで公開されている映像。Reunions Issueの写真撮影時のインタビューです。


                あ〜なんかもう胸がいっぱいです
                ラストにリーが「(パート2で描いた)未来はちょっと間違ってたわね」と言い、マイケルが「ファックスは出たけどインターネットはなかったなぁ」と言ってます(笑)いやいや、それでも結構いいセン行ってたと思いますよ。

                パート2で描かれた未来をおさらいしたい方は、こちらを見てね

                ちなみに、話しはそれますが、このReunions Issueでは他にも『ロード・オブ・ザ・リング』や、ドラマ『ホワイト・ハウス』のキャストが再集結しているようですが、私が食いついたのは映画『プリティ・イン・ピンク』のキャストのReunion!

                『プリティ・イン・ピンク』と言えばこれですよ


                好きだったなぁ〜。コレ。WOWOWの無料放送の日にやったのをビデオに録画して何回も観ました。

                こちらの動画で、久々にモリー・リングウォルドが観られますよ。


                そして『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に話を戻すと…

                今回の『BTTF 25thアニバーサリーBOX』は「初出し映像満載」と謳われていましたが、その一部が明らかになりました!

                BTTFファンの間では有名な話ですが、実は最初にマーティー役としてキャスティングされたのはマイケル・J・フォックスではなく、エリック・ストルツでした。

                彼がエリックさん。主な出演作に『マスク』(ジム・キャリーのやつじゃないよ)や、『恋しくて』『シングルス』なんかがあります。

                エリックはマーティー役として5週間に渡り撮影をしたのですが、残念ながら監督がイメージするマーティー像とは少し違うということで、役を降ろされてしまいました。

                そのとき撮影した映像はこれまで幻となっていましたが、このたびそのエリックバージョンのBTTF映像が一部公開されるのだそう!!

                これは楽しみだな〜。これまで、写真は公開されていたんです。

                これとか


                これとか


                でもいよいよ映像公開に踏み切るようです。ていうか、もうすでにネットでも見られるようになってました。

                ロバート・ゼメキス監督や監督総指揮をつとめたスピルバーグなどのスタッフが当時のいきさつを語っている合間に、エリックバージョンの映像が流れます。



                ナルホドね〜。
                55年にタイムスリップしたマーティーがダイナーで若かりしパパの隣に座って、横からパパの顔を覗き込むシーン(0:30あたり)。

                マイケル版を初めて見た時、あのシーンで笑ったのを覚えてます。マイケルの、「ウソ、もしかして…この人…」と言わんばかりの表情が笑いを誘うシーンだったのだけど、エリック・バージョンだと、思わず笑っちゃうって感じではないなぁ。

                エリック・ストルツは嫌いじゃないし、80年代モノ好きな私ですから、彼の『恋しくて』なんかは大好きで何回もレンタルして観たくらいだけど、(ちなみにこれにもリー・トンプソンが出てます)やっぱりマーティー役にはふさわしくなかったんでしょうね。

                それと同時に、マイケルの高いコメディ・センスを再認識してしまうのでありました。やっぱしマイケル、最高です

                おっと、またしてもBTTFを熱く語ってしまいました。
                DVDが届くのが楽しみだな〜。

                では、今日はこの辺で。

                マイケルがドラマにゲスト出演!

                2010.08.23 Monday 22:53
                0

                  うれしいニュースが入ってきました

                  私の愛するマイケル・J・フォックスが、ドラマ『グッド・ワイフ』のシーズン2にゲスト出演することがきまったそうです

                  詳しくはシネマトゥデイのニュースをどうぞ

                  『グッド・ワイフ』といえば、『ER』のジュリアーナ・マーグリーズ主演で、今年のエミー賞にもノミネートされたことで話題になってました。

                  日本でも10月5日からNHKのBS2で放送が始まるということで、私も観ようと思ってたんだ〜。(シネマトゥデイのニュースには「NHKのBS2で放送されている」って書いてあったけど…)

                  NHKの『グッド・ワイフ』のページはこちらです。

                  こちらが『グッド・ワイフ』のポスター。後ろ向きの男性に注目
                  見覚えありません

                  わかったかな?
                  そう!SATCのミスター・ビッグことクリス・ノースがでているんです!

                  かっちょええ。

                  観ようと思ったのはミスター・ビッグが出てるからなんだけど(笑)
                  それに加えてマイケルがゲスト出演するとなれば、これは観るしかないでしょう!シーズン2を日本で観られるのはだいぶ先だと思うけど…。いつまでも待ってるわ!!

                  ところで「グッドワイフ=良き妻」と言えば、マイケルの奥さま、トレーシー・ポラン。

                  マイケルの著書を読むと、パーキンソン病を発病したばかりのつらい時期に、トレーシーの支えがどれだけ大きかったかがわかります。素敵なご夫婦これからも夫婦円満でがんばれーー

                  『ファミリー・タイズ』のシーズン1が!!

                  2010.08.12 Thursday 03:21
                  0

                    ユニバーサルチャンネルで放送中ではありませんかーーー!!!

                    シーズン1は日本初放送です!私もまだ観たことがないッ!

                    しかも4月から放送していたらしい 私としたことが全然知らなかった…。うかつだった…。

                    今日偶然発見したので大急ぎで録画しましたが、もう19話まで来てた…

                    でもきっとまた再放送してくれると信じているよ!

                    『ファミリー・タイズ』ファンの皆さま、要チェックです。

                    詳しくはユニバーサルチャンネルのサイトへどうぞ。
                    (ユニバーサルチャンネルの『ファミリー・タイズ』のページはこちら)
                    でもこのページ、番組表とかちょっと見にくい…ユニバーサルさん、もう少し見やすくしておくれ。

                    『ファミリー・タイズ』ってなんぞや?という方は、こちらへGO!私がこのドラマに対する熱い思いを語っております。

                    シーズン1は初めて観るけど、やっぱりおもしろい!パパもママも若いわ〜。そしていくつになってもマイケルに胸キュンやっぱりキートン家は私の理想の家族No.1だね〜。

                    これから欠かさず録画せねば!

                    やっぱり出た!BTTF25周年記念BOX!

                    2010.07.30 Friday 23:10
                    0

                      今日のYahoo!ニュースでこんな記事を発見。

                      『バック・トゥ・ザ・フューチャー』公開から25年!初出し映像も満載のBOXでブルーレイ化!
                      (※クリックすると記事に飛びます。)


                      10月26日、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズが、超豪華BOXで、ブルーレイとして初登場するのだそうな!!

                      そう。今年は初公開から25周年なのです。

                      いぇ〜い!買うぞ!と元気よく言いたいところですが…

                      覚えている方も多いと存じますが、私この6月に『20周年BOX』を買ったばかりでして…。(詳しくはこちらを読んでちょ。)買う時にちょっと頭をよぎったのよね…「もうすぐ25周年記念版が出るのでは?」と…。そしたら案の定ですよ。

                      20周年BOXを5年遅れて買った私が悪いんですが、こうも立て続けに買うのもいかがなものか…。いやしかし、大好きな『BTTF』ですよ!?しかもブルーレイは初めてだし!!と自分に言い聞かせる。

                      この『バック・トゥ・ザ・フューチャー25thアニバーサリーBlu-ray BOX』、「豪華プレミアム・ブックレットに、初出し映像満載の超豪華BOX」なんだって〜。

                      『トリロジーBOX』に『20周年BOX』も持っている私としては、「特典映像なんてどうせ同じようなものばっかでしょ〜?」と思うのですが、この「初出し映像満載」の言葉がどうも気になってしまう…。(=販売元の戦略にまんまとはまっている)
                      それにお値段が8,500円と超お買い得!

                      しかもですね!!

                      「ニューヨークでは、このブルーレイBOX発売前日の25日に、主要キャスト、スタッフが集結したプレミア・イベントを実施する予定で、本国でもかなり気合が入っている様子。」

                      だってさ!!このイベントって、一般人も参加できるものなのかしら!?そうなら本気で行きたいっす!

                      …というわけで、結局買うと思います(笑)
                      私のコレクション、本編はビデオも含めると何種類あるんだ!!って感じですが、いいんです。それがファン心理ってやつですよ…(泣)
                      だってだって、好きなんだもん。

                      BTTFがこちらでも話題に…

                      2010.07.08 Thursday 22:29
                      0

                        またまた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』ネタです。

                        先日『BTTF2の未来まであと5年!』という特集をしたばかりですが、
                        アメリカ版Yahoo!でこんな記事を発見。

                        『Total Film』というサイトが今月5日、ツイッターに
                        こんな写真↓を載せて「今日はFuture Day」と発表したそうな。

                        一番上に注目!2010年7月5日になってます。

                        それを見てフォロワーが続々出現し、「今日はドクとマーティーが行った未来の日だ!」とネット上で大盛り上がりになったらしい。

                        …ちょっと待て。

                        彼らが行った未来は2015年10月21日だよ?

                        また載せるけど。ホラ!!

                        案の定、その後世界中にいる私のようなBTTF好き達が異論を唱え、
                        Total Filmは以下のような訂正文をアップ。


                        「間違ってました。2010年7月5日はバック・トゥ・ザ・フューチャーには出てきません。」

                        それに対する皆さんからのコメントが結構ウケたので少しご紹介。

                        「こんなの信じちゃうヤツがおかしい。映画観てないのかよ?」
                        まあまあ、落ち着いて…。

                        「笑っちゃうね。タイムトラベルの年は全部5で終わることは常識だよ。本当のファンならすぐ気付くはず。1955年、1895年、2015年だよ!」
                        おしい。1885年です。

                        「日にちを偽ってまで注目を集めたいなんて、悲しすぎ。」
                        例の画像はフォトショップで加工されたという噂。真偽のほどは明らかではありませんが。

                        (BTTFを15回以上観たと豪語した人のコメント)
                        「1955年はFlux Compressorが発明された年」
                        あれ…?

                        「Flux CompressorじゃなくてFlux Capacitorだよ。15回以上観たならわかるよね?」
                        ちなみにこれは次元移転装置のことです。

                        「5年後の盛り上がりを台無しにしやがって、このバカ!」
                        気持ちはわかる。

                        「ホバーボードが欲しい!」
                        私もです。

                        …とまあ、どこの国にもオタク熱心なファンはたくさんいるのね。
                        なんか親近感。

                        ちなみに、BTTFパート1の冒頭でドクが行こうとしてたのは25年後でした。その直後リビア人に襲われて叶わなかったわけですが。1985年の25年後だと確かに今年ですが日にちまでは言ってないし、あんな表示盤は画面に映っていなかったから、やはりあの画像はフェイクでしょうね…。

                        世界中のBTTFファンの皆さん、これに懲りずに5年後の10月21日・本当のFuture Dayは大いに盛り上がろうではないか!


                        PR
                        Calender
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        analyze
                        KS
                        Selected entry
                        Category
                        Archives
                        Recent comment
                        • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                          Yuko
                        • おひさしブリーフ
                          Yuko
                        • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                          キャリー
                        • おひさしブリーフ
                          Hiro
                        • 80日ぶりなのだ
                          Yuko
                        • 80日ぶりなのだ
                          yuttang
                        • 『LOST』最終回についてもう一度
                          Yuko
                        • 『LOST』最終回についてもう一度
                          通りすがり?
                        • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                          Yuko
                        • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                          Mieko
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM