スポンサーサイト

2015.10.22 Thursday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    空飛ぶ車が現実に!?

    2010.06.30 Wednesday 23:25
    0

      先日の『BTTF2の未来まであと5年!』で「空飛ぶ車は無理そうね…」と書いたばかりだったのに、どうやらアメリカの会社が開発に成功した模様です!

      アメリカのTerrafugiaという会社が先日、「Transition」という名の空飛ぶ車の初飛行に成功しました。

      まずは動画でご確認ください。



      こうして見ると、「空飛ぶ車」というより「地上も走れる飛行機」という感じですが。

      一般の車同様、無鉛ガソリンで走る上、飛行速度は時速115マイル(約185キロ)で400マイル(644キロ)飛行可能だそうです。地上走行でも、時速65マイル(約104キロ)のスピードが出せるんだとか!
       
      この「空飛ぶ車」、ライトスポーツエアクラフトという分類になるため、操縦にはスポーツパイロットライセンスが必要だそうです。

      お値段は20万ドル(現在のレートで1,773万円)になる見込み。












      ↑この世界へはまだ遠いけど、空の旅が今以上に身近になるかも!

      2015年のイライジャくん

      2010.06.27 Sunday 15:58
      0

        この間の『バック・トゥ・ザ・フューチャー2特集』の時に載せようと思って忘れていた写真。


        幼少時のイライジャ・ウッドを発見。

        2015年にマーティーがやってきたCafe 80sにいた子供の役です。

        出ていたのね…。全然知らなかった。
        イライジャファンの間では有名なんでしょうね、きっと。


        こんな大きくなりました。
        …でもあんまり変わってないね。

        Cafe 80sでマーティーがシューティングゲームの手本を見せてあげたら、「な〜んだ、手を使うのかよ!」とバカにする子供を演じました。

        2015年のゲームは手を使わないのか…。
        じゃあ一体どうやって遊ぶのかな?念力?

        BTTF2の未来まであと5年!

        2010.06.21 Monday 15:54
        0

          先日もお伝えしたように、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのDVD BOXを買ってゴキゲンなYukoです

          この間Part IIを観ました。

          未来へ行って戻ってきたら、現在がトンデモないことになっていたため、元に戻すためにまた過去に戻る…という忙しい内容のPart IIです。はっきり言ってこれはPart IIIへの伏線作りのパートとも言える作品。

          というのも、監督のロバート・ゼメキスいわく、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の製作時は、続編を作るなど全く考えておらず、ラストでドクがマーティーを連れて未来へ行くシーンはただのジョークだったのだそう。(「今度は未来かよ!」「デロリアン、飛んだよ!」みたいな、笑えるシーンとして作ったんでしょうね。)

          ところが『BTTF』が思わぬ大ヒットとなり、製作スタジオ側からも続編の依頼が来たので、急きょストーリーを考えだした、というわけ。

          そんな背景もあって、Part IIはそのストーリーのめまぐるしさから三部作の中では人気が低いかもしれませんが、あの未来の描写のファンは多いハズ!!

          思えばあの未来は2015年…。あと5年じゃん!!


          ホラね!!

          というわけで、Part IIで描かれた2015年と、現在の2010年を比較検証したいと思います!(また比較検証…好きだね、私も。)

          てか、本来なら2015年になってから比較検証するべきなんだけど。
          5年後もこのブログをやっているかわからないので(汗)
          今やっちゃいますーーー!

          前置きだけで長くなったけど、
          本題はこれからよ!長いからヒマな時に読んでね!


          このロゴを見るだけでワクワクしてくる

          Part IIの未来と言えば、何といっても空飛ぶ車!!



          ハイウェイならぬスカイウェイ。看板には「ロンドン」の文字が…。
          ロンドンまでつながってるってこと!?まあ、空だから当然か…。



          着陸態勢に入るデロリアン。ナンバープレートはバーコード化されてます。

          あと5年で車が飛ぶのはさすがに無理よね…。
          つーか、実際飛べたとしても交通規制とか超大変そうだし。


          2015年のヒル・バレーの街並み。パトカーも飛んでます。
          地面には「NO LANDING=着陸禁止」の文字。




          車各種。この流線型のフォルムは、実際に最近はやってますよね。20年前に見抜いてたってスゴイ!それとも車メーカーさんがBTTF2を参考にしてるとか?(それはない?)


          デロリアンに燃料補給するドク。燃料は生ゴミ!バナナの皮も、飲み残しのジュースもボトルごとポイ!実際、代替燃料が注目されている昨今。こんな所も目の付けどころが鋭いです。

          そして覚えている方も多いはずのこのホバーボード!


          バービー人形で有名なマテル社の製品のようです(笑)


          このホバーボード、磁力で浮くんですって。
          かつて「ホバーボード実在説」がBTTFファンの間で流れたそうです。
          残念ながらまだ実現していませんね。

          一番近い乗り物と言えば、これかな?



          セグウェイ。 近くないか…飛ばないし。

          スケボーも乗れないわたくしですので、ホバーボードが実際に
          発売されてもきっと怖くて乗れません

          2015年のテクノロジーはまだまだ続く。


          家に入るのもカギは不要。(ドアノブもない。)
          サムパッドに親指を付ければ指紋を認証してくれます。

          指紋認証システムは、実際広まってきてますね!
          いつか本当に住宅に使われるかも。


          大画面テレビ。このくらい大きくて薄いテレビは現実になりました!
          でも6チャンネルも同時に観れるかな?


          テレビ電話。これも、そこまで一般的ではないにしろ、実在しますね。
          スカイプを使っている人も多いですしね。

          ちなみにこの画面に映っているのは、未来のマーティーの上司、
          イトウ・T・フジツウさん。(ファーストネームがイトウってまあ、名字のフジツウもどうかと思うが。)

          BTTF2製作当時は、まだジャパンマネーがブイブイ言わせていた頃。その後の日本のバブル崩壊までは予測できなかったか。


          自動靴ひも。足を入れるだけでキュッとしまってくれます。
          マーティーお気に入りのNIKE製です。NIKEは2015年発売に向け開発中…のはず。

          つづいてジャケット。

          ご覧の通りぶかぶか。でも赤い点灯部分を押すと…


          自動でサイズ調整してくれます☆
          「ドライモード」付きなので、雨にぬれても噴水に落ちても安心です。

          ドクいわく、2015年にはポケットを外に出すのが流行っているらしい。

          そしてもう一つ注目のファッショントレンドin 2015は…

          ダブルタイ。


          年取ったマーティーも…


          図らずもマーティーに悪知恵を吹き込んだおじさんも…


          先ほどのフジツウさんも、み〜んなネクタイが二つ付いてます。

          ビジネスマンの皆さん、5年後はダブルタイが熱いですよ!


          お次は2015年の便利グッズ。
          奥で犬が散歩中ですが飼い主がいない?


          見にくいので拡大。

          自動ドッグウォーカー!
          これでお散歩も楽ちん☆
          でもお散歩は愛犬との大事なコミュニケーションの時間よ


          そして私の一番のお気に入りはコレです☆

          クッキー大のピザを機械に入れて、


          スピーカーに向けて「解凍レベル」を指示すると…


          わずか数秒でアツアツのピザの出来上がり

          コレ、字幕では「解凍」となってましたが、英語ではhydrate(水和、水分補給)と言ってます。あのクッキーくらいの小さいピザは、dehyderated pizza=乾燥ピザだったのです。宇宙食の技術に似てるかも。この機械はhydrator(=加水調理機とでも言うのかな?)で、乾燥食品を食べられる状態にもどしてくれます。最近のスチーム付き電子レンジの進化型?

          そして最後はこちら。2015年の新聞をご覧あれ。

          注目記事にアンダーラインを引いてみました(笑)

          Thumb bandits strike・・・「親指強盗団が襲撃」
          指紋認証システムの普及により、人の親指を切って盗む(!)強盗が横行しているらしい。

          Man killed by falling litter・・・「ポイ捨てのゴミが男性直撃、死亡」
          空からのポイ捨ては命取りになります!!

          Tokyo stocks up・・・「東京で株価上昇」
          そうなるといいですね。

          President says she's tired・・・「大統領が‘疲れた’とこぼす」
          ここで注目なのは大統領がshe=女性になっていること。
          初のアフリカ系米国大統領は誕生しましたが、女性はまだ。前回ヒラリーさんが勝ってたら予想的中でしたね。でもまだ5年後がどうなっているかは誰にもわかりません…。それにしても「疲れた」って…。一体何があったんでしょう?

          Queen Diana will visit Washington・・・「ダイアナ女王がワシントンを訪問」
          ご存じのとおり、ダイアナ妃は1997年に亡くなってしまいましたし、それ以前にダイアナ妃はチャールズ皇太子と離婚していたわけですから、いずれにせよダイアナ女王の誕生はありえませんでしたね。2010年現在、女王は当時と変わらずエリザベス女王のまま。未来はなんとも、予測不可能でありますなぁ…。


          さて、「2010年に2015年を振り返る」特別企画、楽しんでいただけました?アナタもこれを機に、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズをもう一度観てみませんか


          ドクからマーティーへの手紙、ゲット

          2010.06.12 Saturday 21:51
          0

            ↑ コレ、買っちゃいました

            『バック・トゥ・ザ・フューチャー20thアニバーサリーBOX』

            5年前に発売されたものですが、気になりつつ買っていなかった。

            アメリカにいる時に発売された『トリロジーBOX』という三部作がセットになったDVDボックスを現地で買ったので、まあいいか、と思っていたのですが。

            最近ウチのリージョンフリーDVDプレーヤーの調子が悪くて…。アメリカ版のDVDが観れなくなってしまった

            しかもこの『20thアニバーサリーBOX』は
            豪華6大アイテム特典付きなのです。
            だからどうしても欲しくなってしまいました。まだあってよかった

            開けてみると…



            おぉ〜〜
            いきなり特典グッズ第一弾、デロリアン・ナンバープレート復刻版が
            車に付けたくなっちゃうね



            もちろんDVDはパート1〜3まで入ってます。
            特典DVDも付いて計4枚!



            デロリアンペーパークラフトなるものが…



            裏です。切ったり貼ったりするとペーパーデロリアンが完成するらしい!



            スペシャル・バージョン キューブリックセット。
            左はデロリアン!甥っ子に見せたら超喜びそう…。
            でもコレはアタシんのだい (子供か)



            でもやっぱり何と言っても特典の目玉はコレ!
            ドクからマーティーへの手紙のレプリカです

            Part 2のラストで、1885年にいるドクからの手紙を、1955年にいるマーティーが受け取ったアレです。最後のPart 3へと続く大事なシーンでしたね。

            わ〜い超うれしい。

            欲を言うとPart 1でマーティーがドクに宛てた手紙も欲しかったなー。"Do not open until 1985."ってやつね。

            それはともかく、これは一生、家宝にします

            その他、キャストとスタッフのインタビューやトリビアネタなどが載ったスペシャルブックレットと、オリジナルポストカード6枚組も入ってますよ。

            バック・トゥ・ザ・フューチャーファンの方にはおススメです

            20年(もう25年か)経っても未だ魅力の衰えないBTTFは20世紀の名作だね〜。

            マイケル・J・フォックスの著書第三弾!

            2010.05.11 Tuesday 23:28
            0

              一年ほど前、マイケル・J・フォックスの2冊目の著書、"Always Looking Up: The Adventures of an Incurable Optimist"について書きましたが、最近その翻訳版『いつも上を向いて 超楽観主義者の冒険』が発売されました。

              早く翻訳版も買って読まなきゃと思っていた矢先、マイケルの著書第3弾、"A Funny Thing Happened on the Way to the Future: Twist and Turns and Lessons Learned"(前回にも増して長い!)がアメリカで出版されたと言うではありませんか。早速Amazonで注文しました今回は何日で届くかな?

              今回の本は、高校中退のマイケルが若者にメッセージを送る、というコンセプトのようです。人生で経験したことを、教科になぞらえながら書き綴ってあるのだとか。(※マイケルはのちにGEDという高卒と同等の証書を取得しています。)

              たとえば、経済学は『ファミリー・タイズ』での経験から(アレックスが金の亡者だから?)、物理は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、政治学はパーキンソン病発症以降の活動から(マイケルは政府に幹細胞研究への支援を求める運動をしています)、そして地理ではブータンを訪れた時の経験。(なんと、ブータンではパーキンソン病の症状がおさまったのだそうです。)

              正直、マイケルの本はいつも辞書なしでは読めないのですが、時間をかけながらゆっくり読むのもまた楽しみの一つです

              下の動画は、"Good Morning America"という番組でマイケルが最新刊について語っているものです。興味のある方はドウゾ!

              永遠の名作『ファミリー・タイズ』!!

              2010.05.07 Friday 22:33
              0
                理想の家族・キートン一家
                私の愛するマイケル・J・フォックスの出世作となったドラマ、『ファミリー・タイズ』。大大大好きなドラマです出会いはビバヒルより前なので、私の海外ドラマ史の原点となるわけです(仰々しい?)

                アメリカで1982年〜88年の間、7シーズンに渡って放映され、人気を博しました。
                60年代にヒッピーだった、リベラルな両親と3人の子供たち(のちに4人目が誕生)の愉快な、時に泣かせるホームコメディ。

                マイケル演じるアレックスは熱心な共和党支持者の保守的な長男。(部屋にニクソンやレーガンの写真を飾っている)儲け話にしか興味を示さない(?)金の亡者。でも憎めないかわいいヤツ。

                のちにマイケルの奥様となるトレーシー・ポランも、アレックスのガールフレンド、エレン役で出てきますシリーズ後半には『フレンズ』のモニカでお馴染みのコートニー・コックスも登場。

                このドラマから、いろんなアメリカ文化を学びました。まずは民主党VS共和党の関係…。これはこのドラマにおいて重要な笑いのカギとなってます。

                あと、アレックスが夢でアメリカ独立宣言の場にタイムスリップするエピソードがありましたが、そこでアメリカ独立の年を覚えました(1776年!)

                2年ほど前に、キャストメンバーが一堂に会したのがこの映像!!
                感無量です
                 

                Visit msnbc.com for Breaking News, World News, and News about the Economy

                パパ役のマイケル・グロスなんか、役柄そのままみたいに人が良さそう・・・。
                彼はマイケルがパーキンソン病のために降板を決意した『スピン・シティ』というドラマにも、ゲスト出演してました。(しかもマイケルが番組を卒業する回に!)きっと、タイトル通り「ファミリー・タイズ」(=家族の絆)で結ばれているのね…。

                ちなみに『ファミリータイズ』の日本版DVDは、『赤ちゃんにジェラシー編』と称した第3シーズンしか発売されておらず…くすん。他のドラマみたいに、シーズン1から順繰りに発売してくれればよいのにぃぃ。やはりこうなったらアメリカ版を買うっきゃないか!!

                もう届いた!

                2009.05.28 Thursday 00:02
                0

                  マイケル本

                  マイケルの本、「Always Looking Up: The Adventures of an Incurable Optimist」がもう届きましたーーー。

                  超早い

                  通常配送なのに、2日で届くんですねーー。
                  さすがAmazon、仕事が早いです。

                  でもまずは「ラッキーマン」を読み終えるまではおあずけです。

                  わが愛しのマイケル・J・フォックス

                  2009.05.25 Monday 23:27
                  0
                    マイケル・J・フォックス
                    ソフトバンククリエイティブ
                    ¥ 820
                    (2005-02-19)

                    今日の「朝日新聞グローブ」の「米国ベストセラーランキング(ノンフィクション部門)」の第2位に、マイケル・J・フォックスの2冊目の自伝、「Always Looking Up: The Adventures of an Incurable Optimist」が入っていました!

                     あれは私が小学校5、6年生の頃。
                    たまたまテレビで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観ました。

                    それまでろくに映画なんて観たことがなかった私でしたが、
                    あまりのおもしろさに、そしてマイケルのカッコよさに衝撃を受けました。

                    それからです。小学生のわずかなお小遣いで「ロードショー」と「スクリーン」を買い、
                    毎週のようにビデオ屋へ通っていろんな映画を見始めたのは。

                    マイケルへの興味が映画への興味につながり、またそれが英語やアメリカ文化への興味へと発展した訳ですから、今の私があるのはマイケルのおかげだと言っても過言ではありません。

                    そのマイケルが1998年、パーキンソン病であることを公表しました。
                    そして2000年、テレビシリーズ「スピン・シティ」を降板すると同時に、俳優活動から退いています。

                    でもでも、マイケルはいつでも私の中でのNo.1アクターです。
                    もう、殿堂入りしてます。

                    だから今日そのランキングを見て、いてもたってもいられなくなり
                    Amazonで早速注文しました。いつもAmazonは注文してから届くまでが早いので、遅くとも来週中には届くだろうと思います。

                    が、しかし。
                    実は私、マイケルの自伝第一号の「ラッキーマン」をまだ読んでいないのです。
                    しかも、本は持っているにもかかわらず、です。

                    「ラッキーマン」が発売されたのは2003年。私がアメリカ留学を終え帰国間近のころでした。アメリカの本屋を何件か回り、やっとでこの「ラッキーマン」を買いました。

                    なぜ何件も回らなければならなかったのか、今思うと不思議ですが。
                    しかもようやく見つけた1冊は、Large Print版という、大きな文字で印刷されている特別版。だから本のサイズもデカイ!B5サイズくらいあります。

                    そして読み始めたんですが・・・当時の私の英語力が低すぎたんでしょう、全然スイスイ読めずに、途中で断念(泣)

                    日本に帰ってきたら、すでに翻訳版が発売されていたので、それを買って読めばいい話なんですが、どうしても!どうしてもこれは英語で読みたかった!マイケルが書いたそのものの文章を読みたかったのです!

                    というわけで、自分の英語力が上がったら満を持して再びチャレンジしようと心に決めて早6年。ついにその時がきた、というわけで今日から早速読み始めました。
                    「スイスイ」とまでは言いませんが、6年前よりは楽に読めるようになったと思います。

                    難病を患いながらも、いつも前向きで、ユーモアを忘れないマイケル。
                    彼のその姿勢に、勇気づけられている人がきっとたくさんいます。
                    もちろん、私もその一人です。





                    PR
                    Calender
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << October 2017 >>
                    analyze
                    KS
                    Selected entry
                    Category
                    Archives
                    Recent comment
                    • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                      Yuko
                    • おひさしブリーフ
                      Yuko
                    • 『マッドメン』の魅力について考えてみた
                      キャリー
                    • おひさしブリーフ
                      Hiro
                    • 80日ぶりなのだ
                      Yuko
                    • 80日ぶりなのだ
                      yuttang
                    • 『LOST』最終回についてもう一度
                      Yuko
                    • 『LOST』最終回についてもう一度
                      通りすがり?
                    • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                      Yuko
                    • マイケル『グッドワイフ』に登場☆
                      Mieko
                    Link
                    Profile
                    Search
                    Others
                    Mobile
                    qrcode
                    Powered
                    無料ブログ作成サービス JUGEM